outline/history

沿 革

昭和23年 熊本県農協協議会の外局として、肥後農協新聞編集局を発足。
昭和26年 指導連の外局となり、農協会館内に事務所を置く。
昭和27年 南千反畑に印刷工場設備を取得。
昭和28年 新屋敷に新工場を建設し、熊本県農協の専属印刷工場として新発足。
西日本農協印刷協議会の会員となる。
昭和29年 農業団体より独立し、農協新聞社農協印刷所と改称、金子勝之助が責任者となる。
昭和34年 農協新聞を廃刊し、印刷事業に専念する。
昭和38年 全国農協印刷連盟の誕生と加入。
昭和40年 株式会社組織に改編し、名称も株式会社農協印刷と改め、社長に金子勝之助が就任する。
昭和41年 事業量増大にともない本社・工場を春日町に移転する。
昭和44年 植木町に園芸資材工場・印刷工場を新設する。
昭和49年 本山町に工場用地を取得。
昭和51年 農協の九州オンライン用帳票類の納入業者指名をうける。
昭和56年 本社・工場を本山町に移転。
昭和63年 創始者である金子勝之助が会長に退き、専務の金子勝之が社長に就任。
平成5年 従来の企業イメージを一新し、事業展開を図る意味から社名を株式会社キャップに改称。
平成6年 プリプレスのデジタル化を図る。
平成9年 商業印刷強化のためB2両面4色オフセット輪転機を設置。
平成11年 より多くのニーズに応えるため、企画部門のプラスワンを設置。
平成14年 創業50周年。福岡営業所を開設。
平成15年 CTP導入。
平成17年 高速6色機印刷導入。
平成18年 個人情報の安全管理を目指してプライバシーマークを取得。
平成20年 中綴製本ラインの充実。
平成21年 web制作部門を設立。
平成22年 菊全4色オフセットUV印刷機導入。
平成24年 中綴製本ラインの増設。
平成26年 社長の金子勝之が代表取締役会長に就任。社長には専務の伊藤唯志が就任する。

概 要

社 名 株式会社キャップ
設 立 昭和40年8月2日
資本金 2,000万円
住 所 〒860-0822 熊本市中央区本山町189番地
電 話 096-362-3333(代)
ファクシミリ 096-366-1108

CAP熊本本社

より大きな地図で株式会社CAP案内図を表示


 

copylight©2009 CAP.all right reserved.