私たちはUV印刷で応えます

*「UV」とは、いわゆる紫外線(Ultra Violet ray)のこと。
UV印刷は、紫外線を照射してインクを硬化させる印刷技術です。

小ロット・短納期に対応

UV印刷では、両面印刷でもインクの乾燥待ちの時間が不要。裏うつりなどのトラブルもなく、印刷直後から後加工にかかれるので大幅な納期短縮を実現します。
※右のスケジュールは比較のイメージです。実際の納期は発注時にご確認ください。

デザインにプラスアルファを

用紙の選択もデザインの一部です。UV印刷では、従来の印刷対応用紙以外の様々な特殊紙、非吸収素材、アルミ蒸着紙やフィルムなどへの印刷が可能。デザインの自由度が広がり、訴求力も高まります。また、ベタ面の多い印刷物も美しく仕上がります。

印刷時のパウダーが不要

UV印刷は、プリンターでの追い刷りや、食品等の包装紙。また、塵・埃が厳禁の精密機械工場で使用する印刷物にも最適です。

耐久性があり臭いが少ない

UV印刷は、表面が摩耗に強く、またインキの臭気も少ないので、食品・化粧品・薬品のパッケージなどに向いています。

copylight©2009 CAP.all right reserved.